中央線が好きだ。web

JR東日本
中央線NEOコミュニティ

雑誌を媒介にした人々の交流拠点

東京都立多摩図書館 東京マガジンバンクカレッジ

参加者たち渾身の記事。テーマや記事の見せ方が多彩で、スタッフ一同脱帽だ。

第11回

東京都立多摩図書館 東京マガジンバンクカレッジ

 創刊号など約1万8000誌の雑誌を有し、その蔵書数が国内公立図書館では最大級を誇る『東京都立多摩図書館』。2年前、この膨大なコレクションの利用促進と、雑誌を仲立ちとした知的創造・交流の拠点づくりを目指し、「東京マガジンバンクカレッジ」が創設された。雑誌総合・多摩・鉄道の3部門ごとに、講演会やワークショップなど、数々のイベントが催されている。

 そして今冬、鉄道部門の取り組みとして「中央線が好きだ。を書く」のワークショップが全3回の日程で開催された。

「マガジンとコラボすることで、自己表現や交流する楽しさを体験してほしいんです」と、『東京都立多摩図書館』情報サービス担当の伊藤さん。講師は小誌制作陣の3名。ドキドキしながら会場に向かうと、中央線や沿線の街に関心を抱く人々が集結し、心の内をカタチにしようと目を輝かせていた。

 参加者たちはグループに分かれ、自ら決めたテーマに沿って、闊達に意見交換。ラフ書き、取材、レイアウトと、編集の工程を学びながら、約1カ月半の講習期間を経てA5サイズの誌面を完成させた。

「中央線愛を和気あいあいと語り合い、こんなに個性が光る記事に仕上げていくなんて」と、伊藤さん。参加者の記事は図書館のホームページで公開中だ。

 そもそも雑誌には特定のテーマを掘り下げたり、流行や世相を反映したり、図書とは違う魅力がある。「東京マガジンバンクカレッジ事業を通じて、利用者のニーズに応じたいろいろな雑誌を提供していきたいです」

DATA

『東京都立多摩図書館』は1987年(昭和62)の開館当初から雑誌収集に注力。2年前、立川からの移転を機に、新たに「東京マガジンバンクカレッジ」を開設した。◎JR中央線西国分寺駅南口から徒歩約7分。10時〜21時(土・日・祝は〜17時30分)、第1木ほか休。国分寺市泉町2-2-26 ☎042・359・4020

ワークショップで制作した記事について詳しくはこちらから
https://www.library.metro.tokyo.jp/guide/event/seminar/5050_20181114.html

  • 東京都立多摩図書館 東京マガジンバンクカレッジ仲間と意見を交わしながら記事の最終チェック!
  • 東京都立多摩図書館 東京マガジンバンクカレッジワークショップのラストは、完成した記事の発表会。
  • 東京都立多摩図書館 東京マガジンバンクカレッジお手製の記事を持って、図書館スタッフ&講師陣と一緒に。
撮影=オカダタカオ

上記の情報は2019年3月現在のものです。※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。