中央線が好きだ。web

JR東日本

音楽に、魔術、妖怪などサブカル系ザクザク

古書サンカクヤマ

こけし、仏像、ぬいぐるみなどがレジを侵食。すべて購入可能。

古書サンカクヤマ

一見、街に溶け込んだ普通の店構えだ。しかし、ひとたび入ると高円寺らしさが匂い立つ。「始めた頃、棚がスカスカで」と、店主の粟生田由布子(あわうだゆうこ)さんが玩具を並べると、地元からの本の買い取りとともに玩具も増え、今やレジは雑貨の山。「目に見えない世界が好き」と、本棚には敬愛する水木しげるを筆頭に、レトロホラー、魔術・伝説に力を注ぐ。かと思えば、80〜90年代のアイドルや洋楽のレコード・カセットも。その混沌に、目がくらむ。

見つけた!お宝BOOK

1994年『広告批評9』(マドラ出版/3,000円)は「オザケンの対談に加えて、橋本治のいやみな文学史が面白い!」

広告批評9 表紙
DATA

JR中央線高円寺駅北口から徒歩約6分。12時〜21時、水休。杉並区高円寺北3-44-24 ☎03・5364・9892

  • 古書サンカクヤマ北欧の妖精、トロール人形は「かわいすぎないのが、かわいいですよね」。
  • 古書サンカクヤマ手に取りやすい文庫本と並び、アイドルのレコードも。
※ウェブマガジンで紹介した書籍は絶版・廃刊などにより、お取り扱いがない場合がございます。

上記の情報は2019年11月現在のものです。※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

あなたのおすすめの本や書店をInstagram「♯BOOKハンティング」「♯中央線が好きだ」のハッシュタグを付けて投稿しよう!