中央線が好きだ。web

JR東日本

店主の好きが詰まった古本×お酒の愉楽

古本バル 月よみ堂

古書店の奥がバル空間。珈琲400円、ほうじ茶550円などカフェメニューもあり。

古本バル 月よみ堂

「お酒と本が好きなので」と、店主の首藤七緒さん。書棚には食にまつわる本の多いこと。はたまた純文学、鳥や猫の本も。「ほとんど地元での買い取り」と笑うが、この店に似合いの選りすぐりを持ち込む人も少なくない。古書店だけの利用も可能だが、飲食すれば、すべて閲覧自由。自家製の燻製などをつまみ、シングルモルトを飲み、本を読破したい。

DATA

JR中央線西荻窪駅南口から徒歩約8分。14時〜24時、月休。杉並区西荻南2-6-4-103 ☎03・6454・2037

  • 古本バル 月よみ堂Ichiro’s Maltのロック750円、自家製鶏ハムの盛り合わせ700円。映画パンフがメニューだ。
※ウェブマガジンで紹介した書籍は絶版・廃刊などにより、お取り扱いがない場合がございます。

上記の情報は2019年11月現在のものです。※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

あなたのおすすめの本や書店をInstagram「♯BOOKハンティング」「♯中央線が好きだ」のハッシュタグを付けて投稿しよう!