あきる野の桃源郷「乙津花の里」 | イマタマ
乙津花の里

あきる野の桃源郷「乙津花の里」

2022/03/30

ピンクに彩られる里山の風景

JR武蔵五日市駅前からバスで約15分の場所にある春の花と山々の景観が美しい「乙津花の里」。

4月上旬頃から、鮮やかな桃色が特徴のミツバツツジや、ソメイヨシノ、枝垂れザクラ、菜の花などが一斉に咲き乱れ、里山一体がピンクに染まるその景色はまるで桃源郷のようです。

あきる野の山々を背に咲き誇る花

しだれ桜をはじめとして、様々な花が咲きます。


地区内には境内を春の草木が彩る龍珠院や、カフェ、おやきが味わえる場所もあり、春の行楽にぴったりのスポット。

その他紙すきなどの体験ができる工房や、温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」もあり、ご家族やご友人と一日ゆったり満喫できるエリアです。

桜の見ごろ

4月上旬

データ

施設名 乙津花の里
住所〒190-0174 東京都あきる野市乙津
公式サイトhttps://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000001426.html
アクセスJR「武蔵五日市」駅からバスで約15分

※最新の情報は公式ホームページをご確認ください。



こちらもおすすめです


カテゴリー