かつて水源であった井の頭池にはりだす豊満な桜『井の頭恩賜公園』 | イマタマ

かつて水源であった井の頭池にはりだす豊満な桜『井の頭恩賜公園』

水面に映る桜景色を楽しむ

多摩地域の人々にも馴染みの深い井の頭恩賜公園の桜は約400本。

大正6年の開園とともに植えられた桜は100年の歴史を過ごしてきました。

なかでも池の上まではりだしたソメイヨシノの枝は言葉に尽くせない美しさに。池の中に配された井の頭弁財天との調和もここだけで楽しめる景色です。

池に張り出すようにして咲いた見事な桜

子どもとのお 花見なら、スワンボートに乗って親子でこぎながら池を周遊してみましょう。池に架かる七井橋は終日混雑していますが、それでも渡る価値ある風景が待っています。

足漕ぎボートなど、井の頭池を楽しむアクティビティもあります。


三鷹市と武蔵野市にまたがる井の頭恩賜公園は雑木林に囲まれた、総面積約43万㎡の広大な都立公園。公園のシンボルとなっている「井の頭池」は、かつて 江戸に水を供給した「神田上水」の水源でした。今でも古き良き武蔵野の風景を残し、休憩や遊びの場所として人々に親しまれています。


敷地の3分の1にあたる井の頭自然文化園へ立ち寄るのもオススメ。

公園を縦断する吉祥寺通りを隔てて西側の本園では動物と昆虫に、東側で井の頭池に 隣接する分園では水生動物に出会うことができます。

分園では小さいながらに展示に工夫がされていて、魚に触れたり、水槽ごしにカメやカエルなどをじっくり 観察できます。

桜の見ごろ

3月下旬~4月上旬

データ

施設名 井の頭恩賜公園
住所東京都武蔵野市御殿山1-18-31
TEL0422-47-6900
営業時間9:30-17:00(入園は16:00まで)
定休日毎週月曜日(祝日、都民の日にあたる場合は翌日が休園)、年末年始
料金入園料 
大人    400円 
中学生   150円 
小学生以下 無料
公式サイトhttps://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/seibuk/inokashira/index.html
アクセスJR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」下車 徒歩5分
京王井の頭線「井の頭公園」下車 徒歩1分

※最新の情報は公式ホームページをご確認ください。



こちらもおすすめです


カテゴリー