2021/09/29

【青梅市】美しいガラス食器がいっぱいの工芸ガラス店「レインボーリーフ」

【青梅市】美しいガラス食器がいっぱいの工芸ガラス店「レインボーリーフ」
この器でどんな料理をいただこうかと考えるのも至福のひととき。レインボーリーフの器は想像のふくらむものばかり
愛おしくなる器で食卓をアップデート!

眺めたときの佇まい、手にした時の触り心地、使ったときの高揚―。

青梅にあるガラス食器店「レインボーリーフ」は、使った時にこそ良さが実感されるガラス食器に出会えるお店です。JR青梅線・小作駅もしくは圏央道・青梅ICからのアクセスが便利です。

職人の技と思いが詰まった器は、春夏秋冬、食卓を美しく彩ってくれる

材料は、お酒の瓶や窓ガラスといった廃材。ガラス職人兼店主の平岩愛子さんが、店舗に併設されている工房で作る再生ガラスには、「生活の中での美しさを追求したい」という思いが込められています。

普通のガラス以上に冷める速度が早い再生ガラス。溶解炉から種を取ってから仕上げるまでの全行程がたった10分ほどで行われる

平岩さんがガラスに出会ったのは22歳の時。大学で見かけた本をきっかけに琉球ガラスに魅了され、すぐに沖縄へと赴きました。那覇にある奥原硝子製造所で合計7年間ほど修行した後、2009年に青梅市で工房をオープン。

左側の花瓶を作ろうとした際に失敗してしまったことから生まれたのが右側の花瓶なのだそう。全く失敗には見えませんね

独立後も日々鍛錬の繰り返しだったと平岩さん。「沖縄の製造所は分業制で、私は吹き担当が主だったんです。独立後はひとりで全行程をこなさなくてはならないので、特に仕上げを極めるのに苦労しました。昨日できたのに今日できないといったことは今でもあります。でも失敗から新商品に繋がることもあるんですよね」。

1番左がワインカップ2600円。ワイングラスより気軽に使える点も魅力的

人気の商品は「ヒッチーグラス」や「ワインカップ」。ねじりながら吹くことで生まれるモール模様が美しく、食卓に優しさと品の良い雰囲気を運んでくれます。

口巻モール皿2500円~4500円。風合いも手触りも1枚ごとに異なる

「民藝に出会い、使うことの良さを自分で再解釈して制作するようになりました」と平岩さん

口巻モール皿は、日本民藝館の民藝館展で入賞した名作。サイズによって使用用途が異なり、5寸はデザートにぴったり。6寸はサラダや小前菜、7寸はカルパッチョなど使い勝手がよく毎日使いたくなりそう。

透明で華やかな印象もあるので、お祝いのシーンやXmasなどイベント時にも重宝しそうです。


すべてのラインナップをチェックしたいなら青梅市の店舗が最適ですが、平岩さんの器は様々な食器店やインテリアショップからも引っ張りだこ。

吉祥寺「MARKUS」や三鷹「手しごと」にも置かれ、購入できます。また、中目黒の「SML」で開かれるイベント「カレーと古民藝」(10月9日~17日)にも出展予定とのこと。近くを訪れた際はぜひチェックしてみてくださいね。

 

●●●DATA

レインボーリーフ

所在地/東京都青梅市新町2-34-10

営業時間/土曜11:00~17:00

定休日/不定休。お休みの情報はSNSで都度配信

URL/https://www.rainbowleaf.jp/

Instagram/https://www.instagram.com/rainbowleaf_2009/

Facebook/https://www.facebook.com/Rainbow-Leaf-154847681376911/

駐車場/あり

 

いいね! 3