中央線が好きだ。web

JR東日本
The BookStores to Challenge 挑戦する書店

書店経営が難しいといわれる昨今。そんななか、新しいスタイルの営業方法や楽しい仕掛けで、時代に合った書店のあり方を探っている、頑張る3店をご紹介。

家賃をシェアして本を持ち寄る書店の新形態

ブックマンション

整理・補充に来た棚主さん。「来ると必ず、居合わせた人とプチ読書会になって楽しい」。

ブックマンション

ガラス張りの店内はミニ棚がぎっしりで、棚ごとに屋号が違う。まさに集合住宅のような書店だ。「月3,850円で、今78人が入居(笑)しています」とは、主宰の中西功(こう)さん。これまでも無人古書店『BOOK ROAD』を営み、持続可能な書店の未来を模索してきた。今回は「みんなで本を持ち寄り、本がある場所を作ろう」と提案。新たな挑戦に地方からの視察も多い。

DATA

JR中央線吉祥寺駅北口から徒歩約5分。12時〜19時、月•火休。武蔵野市吉祥寺本町2-13-1バツヨンビルB1 bookmansion.jp@gmail.com

  • ブックマンション屋号はそのままテーマだったり。棚主の個性が光る。
  • ブックマンションゼミの先生が棚主となり、学生が選書する棚も。
※ウェブマガジンで紹介した書籍は絶版・廃刊などにより、お取り扱いがない場合がございます。

上記の情報は2019年11月現在のものです。※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

あなたのおすすめの本や書店をInstagram「♯BOOKハンティング」「♯中央線が好きだ」のハッシュタグを付けて投稿しよう!