2021/06/02

【あきる野市】築160年の見世蔵で味わうスローフード!「甘味茶房 見世蔵 久森」

【あきる野市】築160年の見世蔵で味わうスローフード!「甘味茶房 見世蔵 久森」
八ヶ岳の天然氷のかき氷を楽しむ!

JR武蔵五日市線東秋留駅より徒歩約10分。睦橋通り沿いに、嘉永5年(1852年)に建造された見世蔵を利用したカフェ「甘味茶房 見世蔵 久森」があります。こだわりの食材を使用したメニューとゆったりと落ち着ける店内の雰囲気から、地元客はもとより幅広い層から人気を集めています。

 

入口の商品棚には地元企業の商品や、地域活性をテーマにしたコラボ商品なども並んでいて、見ているだけで楽しくなります。

建物の佇まいから、歴史の深さを感じられます

中庭を眺められる席は開放感に溢れています

「東京多摩ゆずサイダー」(350円)などお土産にぴったり

森田家住宅は2013年12月24日に、主屋、門、前の蔵、味噌蔵、西蔵、旧米蔵などが国の登録有形文化財に認定されました。

建物全体を登録有形文化財に登録したのを機に、気軽に文化財に触れてもらいたいという願いを込めて、「スローライフ・スローフード」をテーマにした甘味茶房を開店。

 

地元産の食材をメインに、地産地消のメニューを取り揃えています。時期によっては、米農家でもある店長の森田さんが作った、あきる野産のお米もメニューに取り入れています。また建物向かいにある「農産物直売所・雅月」にてお米の販売も行っています。

 

繊細なかき氷を作る森田店長

かき氷に使用するのは「八ヶ岳の天然氷」。口当たりがふわりと軽く、あっという間に溶けてなくなってしまう食感が特徴。採れたての地元産キウイ・ブルーベリー・いちご・金柑ソースが人気でおすすめです。

ブロックの天然氷から丁寧に削り出します

「八ヶ岳の天然氷のかき氷」いちご(1400円) 

また、東京牛乳を使用した「特製ソフトクリーム」は濃厚な味わいの人気メニューです。また、特製ソフトクリームが載った「ほうじ茶ゼリーの和風パフェ」もおすすめ。抹茶わらび餅と丹波の黒豆が添えられ、ほうじ茶ゼリーとソフトクリームは相性がピッタリです。

「ほうじ茶ゼリーの和風パフェ」(750円)

カウンター席やベンチシートでもゆったり過ごせます

さらに、江戸時代には森田醸造として日本酒を作っていた歴史があり、あきる野産コシヒカリを使用した日本酒「八重菊」を、近隣の石川酒造と共に醸造しています。こちらは近くの酒屋や石川酒造で販売しています。160年前の復刻ラベルを使用するなど、当時を思わせる趣きもあります。「火入れ」、「生酒」の二種類があるのでそちらもぜひお試しください。

生と熟成の二種類を楽しめる、日本酒「八重菊」720ml(1650円)/ 1800ml(3300円)

深い歴史を感じながら、ゆったりとした時間の中でスローフードに触れられるカフェ「甘味茶房 見世蔵 久森」。あきる野の良さを再発見しに、訪れてみてください。

 

 

●●●DATA

甘味茶房 見世蔵 久森

所在地/〒197-0821 東京都あきる野市小川633

営業時間/平日12:00〜18:00 土日祝12:00〜18:00

定休日/火曜日(祝日の場合は翌日)

電話番号/042-558-1852

URL/http://www.hisamori.biz

アクセスJR秋川駅から徒歩約10分

※新型ウイルスの影響により、営業時間・休日は変更になる場合がございます。詳しくはHPにてご確認ください。

 

いいね! 6
コメント投稿
利用規約を読む

コメントの内容によっては削除する場合があります。

コメントを残す

0 / 100
気分にあったアイコンを選択してね。
  • 面白そう
  • おいしそう
  • 行ってみたい
  • 感動した
  • へぇー