2021/05/06

【小金井市】小金井公園すぐの昭和の雰囲気漂う拠り所「仕立てとおはなし処Dozo」

【小金井市】小金井公園すぐの昭和の雰囲気漂う拠り所「仕立てとおはなし処Dozo」
物語屋さんと仕立て屋さんが営む木造平屋カフェ

小金井公園から徒歩1分のところにある農家みちに面した木造平屋の一軒家。ここに実際住んでいるご夫婦が部屋の一部を利用し、カフェと着付け部屋を営んでいます。家族連れにも人気で、特に土日の軒先は賑やか。庭では地元農家の作った野菜も販売しており、こちらも大人気。

お子様連れも安心の好環境

店主の中川さんは、2011年から「物語屋」として活動する中で、2016年春に、物語屋のものがたりを気軽に体験できる場所として仕立てとおはなし処Dozoをオープンしました。

 

中川さんは知人(建物の大家さん)の紹介でこちらに住むようになり、しばらくして「仕立てとおはなし処Dozo」がはじまりました。Dozoの名前の由来は、「どうぞお気軽にお立ち寄りください」の「どうぞ」からきているそうです。

 

また建物は昭和4年に建築されたもので、家の2間をカフェと仕立て部屋として使用。奥様のイズミさんがカフェの隣の部屋で「仕立て屋 So-sen」を営んでいます。

まろみブレンドコーヒー(ICE)を作る中川さん

着付けをする仕立て屋のイズミさん

おすすめは、中川さんがインドを訪れた際、現地で作り方を学んだ本格派チャイ

室内のカフェスペースは、畳にちゃぶ台に座布団という昭和の空気を存分に味わえる空間です

軒先の一角は金菜屋(きんさいや)という地元農家の方が作られた野菜を販売するスペースに。冬には高知県の野菜や果物(主に文旦)も並び、人気を集めます

お店の黒猫の桐(きり)君。2021年現在18歳の元気なおじいちゃん猫です。

物語屋妖怪ジュークボックス

小金井の歴史を守り、貴重なお話をしてくれます

「小金井公園ができるより前(昭和ひとけた)からずっと続いてきた木造平屋の建物で、仕立て屋と、物語屋が、ずっと続いてきた衣、食、住、技、芸、道具、言葉などを楽しみながら大事に続けています。」

「地域の人の拠り所、ついゆっくり長居したくなる時間と空気、そんなDozoでどーぞゆっくりお楽しみください。」と中川さんが最後に話してくれました。

ぜひ一度訪れたいですね。

 

 

●●●DATA

仕立てとおはなし処Dozo

所在地/東京都小金井市関野町2-3-11

営業時間/10:00~17:00

定休日/月、火、木、金曜(土、日、水曜営業)

電話番号/042-315-6853

URL/http://dozo.main.jp

facebook/https://www.facebook.com/ShitateOhanashiDOZO/

Instagram/https://www.instagram.com/shitate.ohanashi.dozo/

仕立て屋So-sen:Facebook/https://www.facebook.com/sosen.tokyo/

 

●●ACCESS

東小金井駅からコミュニティバスで10分 ※ 駐車場なし

<公共交通機関のご利用>
JR中央線東小金井駅北口でCOCOバス(小金井市コミュニティバス)「北東部循環」コース乗車。
(同じバス停に武蔵野市のコミュニティバスも停まるので注意)。
20分に1回、毎時9分と29分と49分の発車。
14番「たてもの園入口」バス停下車。
バスを降りた玉川上水沿いをバスと同じ方向に少し歩くと右側に橋があり、その橋を渡って信号を渡ったら右へ。1本目の角を左に入ってしばらく進むと右側に見えてくる。
バス停で降りてから3分くらいです。

 

いいね! 5