お花屋さんで学ぶフラワーアレンジメント「ラ・ヴィー・オンフルール」 | イマタマ
ラ・ヴィー・オンフルール

お花屋さんで学ぶフラワーアレンジメント「ラ・ヴィー・オンフルール」

2021/06/15

TEXT by イマタマ編集部

隠れ家のようなお花屋さん

「フラワーアレンジメントを習いたい」

「スタイリッシュなお花がほしい」

「お店の外観も楽しみたい」

ラ・ヴィー・オンフルールはこんな方におすすめです。

西武池袋線ひばりが丘駅より徒歩約5分。

住宅街の中にひっそりと佇むお花屋さんがあります。

緑に囲まれた小路の先に現れる黒い建物はまるで秘密の隠れ家のようで、お店に入る前から好奇心がくすぐられます。

ラ・ヴィー・オンフルールはスタイリッシュでナチュラルをコンセプトとしたお花屋さん。

ナチュラルな生花や花苗をはじめとし、コンセプトに合った雑貨も販売しています。

ラ・ヴィー・オンフルール_外観
緑の小路で入口から癒されます

ラ・ヴィー・オンフルール_小路
雨の日でも風情のある入口

1999年11月にオープンしたラ・ヴィー・オンフルール。

大手結婚式場や園芸店、生花小売店で修業を積み、ベテランのフローリスト2人で始めました。

以来、お店の移転などを経ながら22年間。お客様に愛されてきました。

●ラ・ヴィー・オンフルール 3つの特徴

  1. 花教室を併設した店舗
  2. スタイリッシュにしてナチュラルなお花
  3. 隠れ家のようなおしゃれなお店

お店に併設された花教室

ラ・ヴィー・オンフルールでは花の販売だけではなく、毎週、土曜日・水曜日の11時~13時に花教室も行っています。

初心者向けの体験レッスンは、花材費と資材費で3850円。

アレンジメントの授業内容は初級と中級に分かれているため、初めての人も、さらに挑戦したい人も楽しむことができます。

中級コースからは授業で使用するお花を併設されているお店から選ぶことができるので、自分だけのアレンジメントを作ることができそうです。

ラ・ヴィー・オンフルール_フラワーアレンジメント
春に行われた教室では季節の花「ムスカリ」を使用

ラ・ヴィー・オンフルール_花教室
壁に飾るクールなアレンジメントも

会社員時代に通った花教室の影響から、お店と教室が一体となった場を作りたいと考えていた宇野さん。

当初は元々通っていた花教室の認定校として開校。オープンから20年以上経った今ではご自身の花教室として続いています。

「花に関わる仕事がしたいと思ったり、花を飾ることを楽しみたいと思う方に、自身が感じたように、花を飾る楽しさや奥深さ、知識をお伝えしたい」と宇野さんは話します。

花育のすすめ
宇野さんの著書「花生のすすめ」

現在は、新型コロナ感染対策として、教室は少人数にて開校中とのことです。詳細は直接お問い合わせください。

(要予約。定員になり次第締め切り)

スタイリッシュ&ナチュラルで生活に彩りを

季節様々なお花を見せてくれるラ・ヴィー・オンフルール。

スタイリッシュ&ナチュラルをコンセプトとしたアレンジメントは贈り物だけではなく、お部屋を彩ることにもおすすめです。

フラワーアレンジメントと花束は予算や用途、雰囲気に合わせてオーダーメイドで作っています。

希望の花をリクエストすることも可能ですので是非ご相談ください。

5~6月の季節にはバラやアジサイ、スモークツリー。

7~8月にはシャクヤク、ブルーベリー、ヒマワリやアンスリウムなどがおすすめとのことです。

●価格例

簡易的なBOXアレンジ1500円~

バスケットアレンジ3000円~

花束(丈長め)1000円~

ブーケ(半円球型)2000円~

ラ・ヴィー・オンフルール_アレンジメント
ラ・ヴィー・オンフルール_ブーケ

※ギフト商品は、全て予約制となっています。(当日予約可。電話予約可。)

また、楽天やヤフーなどでのWEB販売も行っていますので、ご自宅でお花のある暮らしを楽しむのにぴったりです。

ネットショップ/https://www.rakuten.co.jp/vivre/info.html

Instagram/https://www.instagram.com/la.vie.enfleur.1999/?hl=ja

●フラワーアレンジメント教室 体験レッスン

開催日時 毎週、土・水曜日 11時~13時

費用 3500円(税別)花材費、資材費込み。

要予約制。定員になり次第締め切り

データ

施設名 ラ・ヴィー・オンフルール
住所〒202-0001 東京都西東京市ひばりが丘1-3-10
TEL042-425-7578
営業時間平日10:00~19:00
祝日・祭日10:30~18:30
公式サイトhttp://la-vieen.co.jp/

※最新の情報は公式ホームページをご確認ください。



こちらもおすすめです


カテゴリー