小澤酒造場(桑乃都) | イマタマ

小澤酒造場(桑乃都)

2020/12/01

TEXT by イマタマ編集部

八王子の酒文化を守りつつ、時代に合わせて変化

「全国新酒鑑評会4年連続金賞の酒を味わいたい」

「八王子にゆかりのあるお酒を楽しみたい」

「酒造りの経験と知識に裏打ちされた酒を楽しみたい」

「小澤酒造場」はこんな方におすすめです。

甲州街道の宿場町として栄えた八王子で、多様化する日本の食文化と共存しながら、伝統を守り日本酒の本道を歩んできました。

今から約30年前には、全国新酒鑑評会で4年連続金賞を受賞しており、その根底には「正しくこだわる」という理念があります。

「桑乃都」の歴史

1926年、大正15年創業の小澤酒造場。その名の通り、先に紹介した青梅市の小澤酒造の分家筋です。

代表銘柄は「桑乃都」。

八王子は古くから養蚕や織物の産地として知られ、蚕の餌となる桑畑が広がっていました。八王子城を築城した北条氏照も、「蚕かう桑の都の青あらし 市のかりやに騒ぐもろ人」と歌を残しており、これを受け「桑乃都」と命名されています。

高尾山での節分会の鏡開きや、もみじ祭りでのマス酒販売、毎年8月に行われる八王子祭りでは、店頭で冷やし甘酒を販売するなど、今も地域と二人三脚で歩み続けています。

八王子駅
かつては甲州街道の宿場町として栄え、徐々に都市化が進んだ。現在のJR八王子駅の姿
小澤酒造場外観
JR八王子駅から徒歩約20分、西八王子駅から徒歩約15分のところに軒を構えている

この地で地下水を汲み上げることができ、その水は硬水と軟水のちょうど境目。

当時、大吟醸の米を研ぐ際は、研ぎ時間を10秒多くするか少なくするかをストップウォッチで測りながら行い、夢中で酒を作っていました。

小澤酒造場内観
親しみが湧く、温もりいっぱいの店内。特選吟醸がお出迎えしてくれる
小澤酒造場倉庫
出荷を待つ桑乃都が所狭しと並んでいます。訪れた際は、日本遺産認定の記念首飾り仕様

時の流れに抗わず、その息吹を繋いでいる

しかしこの地も都市化が進み、仕込み水として使っていた地下水の水質が落ちてしまいます。

八王子での酒造りは断念せざるを得ませんでしたが、同じ秩父系の軟水を使える蔵にて、これまでと変わらない味を維持し続けています。

現在は、蔵の一部を残し、事務所兼店舗としています。

店舗に来るお客さんと丁寧に会話を交わしながら接客をする傍ら、ラベル貼りやインターネット注文の出荷作業なども行なっています。

桑の都化粧箱
贈答品や記念品にも喜ばれる、八王子唯一の地酒

小澤酒造場店内
店内のショーケースに並ぶ、自慢のラインナップ

戦後間もない頃、砂糖が貴重だった時代は、酒も甘いものが好まれていました。時代背景によって、嗜好は変わります。ここ10~15年ほどは、含み感の香りを楽しむ方が増えているようです。

そうした流行りや、人々の酒の楽しみ方を的確に捉えながら、30年ほど前から地元産の米を使った純米酒「八王子城」も手掛けるなど、地元にこだわった酒造りを行っています。

小澤酒造場外観の看板
甲州街道沿いのこの看板が目印。ここから、全国に「八王子の味」を発信する
純米酒八王子城、大吟醸桑乃都、特選吟醸桑乃都
右から、純米酒・八王子城、大吟醸・桑乃都、特選吟醸・桑乃都

データ

施設名 小澤酒造場(桑乃都)
住所〒192-0055 東京都八王子市八木町2-15
TEL042-624-1201
営業時間8:00~17:00
火曜日・木曜日10:00~
定休日土曜、日曜
アクセスJR西八王子駅から徒歩約15分、中央道・八王子ICから約15分


こちらもおすすめです


カテゴリー