優しい口どけのテリーヌショコラ。カヌレやエクレアなど伝統的なフランス菓子が揃う『パティスリー ル シャトー』 | イマタマ

優しい口どけのテリーヌショコラ。カヌレやエクレアなど伝統的なフランス菓子が揃う『パティスリー ル シャトー』

2022/02/02

TEXT by イマタマ編集部

正統派の見た目と洗練された味わいが魅力のパティスリー

「伝統的な正統派のフランス菓子を食べたい」」

「甘さ控えめでも満足できるケーキを味わいたい」

「手土産にも喜ばれるスイーツを探している」

「パティスリー ル シャトー」はこんな方におすすめです。

ガラス越しに見える可愛らしい作りの店内にワクワクします

西武拝島線「東大和市駅」から徒歩10分ほど。青梅街道を北に進んだ南街交番の交差点の先。おとぎ話に出てきそうなお城の絵がデザインされた、オレンジ色が鮮やかなカラーリングの看板が目印のお店。

ふんわりと甘い香りが漂う店内のショーケースと飾り棚には、色鮮やかで丁寧に作り込まれた美しい生菓子や焼き菓子がセンスよく並んでいます。

見た目から想像しやすい、正統派のフランス菓子を作ることをコンセプトに、2019年9月にオープンした「パティスリー ル シャトー」。ファミリー層からシニア世代までに幅広く愛され、すっかり地元にも定着しています。

その美しい見た目と洗練された味わいから「お誕生日や記念日など大切なイベントのケーキや手土産のお菓子はここで」と決めているお客様も多いそうです。

オーナーが修業したフランス・パリをイメージした明るく可愛い雰囲気の店内

オーナーシェフの佐藤正城さんは中学生の頃からパティシエになりたいという夢があり、当時から家族のためにケーキを作るのが好きだったそう。

その夢を持ち続けていた大学時代にフランスへ語学留学に。そこで知り合ったパリのヴィニョン通りにある『アンジェリック チバ』の日本人パティシエ 千葉好男氏の元で修業をすることに。

フランスの伝統的なお菓子を数々学び、帰国後も『ロワゾードリヨン』(文京区湯島)や『メゾンランドゥメンヌ』(港区麻布台)『シェシブヤ』(埼玉県大宮市)などの洋菓子店でスキルを上げ、ついに夢が実現。実家のある東大和市にお店をオープンしたそうです。

フランス菓子の伝統と、これまで習ってきたことを大切にしながら、地元に愛されるものを作っていけるよう努力しているそうです。

冬のこの時期は、チョコレートを使ったスイーツも豊富なので、バレンタインのギフトをお探しの方にもおすすめです。

●「パティスリー ル シャトー」 3つの特徴

1.見た目から味の想像がしやすい正統派のフランス菓子

2.カヌレ・エクレア・マカロンなどフランスの伝統的なスイーツが揃う

3.幅広い層のファンに愛される街のパティスリー

予約必須のカヌレや不動の人気のショートケーキ

パティスリー ル シャトーの人気商品の中で、老若男女が揃って支持するのが、真っ赤な苺が乗った定番のショートケーキ。

今も昔も変わらない、誰もが知っているその見た目ですが、ふわふわできめ細かいスポンジの口どけの良さと、上品な甘さのクリームのバランスが絶妙で、また食べたくなる逸品。

その口どけの良さから「うちのショートケーキは飲み物です」と冗談交じりに話すシェフですが、まさにその通り!

苺のケーキはどの時代もパティスリーのアイドル的存在。これからの時期は苺スイーツも豊富ですよ

また「本物のフランス菓子を提供したい」というシェフの想いもあり、オープン当初は馴染みがなく説明が必要だったカヌレやエクレアなども作り続けたことで、今では定番の人気商品になったそうです。

カヌレはボルドーの伝統菓子ですが、お店によってその質感は様々だそう。

こちらのお店では、表面はガリガリッと香ばしく、中はもっちりと仕上がったカヌレを販売しています。

スイーツ好きの集まるSNS上でこのカヌレが美味しいと評判になり、一時は予約が殺到することもあったそうです。

カヌレの予約状況はお店のインスタグラムでチェックしてみてくださいね

チョコレートのフォンダンがかかったエクレアは、パリのパティスリーで売られているような小ぶりのサイズ。

中にはカスタードと生クリームを合わせ、チョコレートを加えた上品なとろみのクリームがたっぷり入っています。

中までチョコレートのクリームが入ったエクレアに、お客様が驚かれたこともあるそうですが「これが本場のスタイルなんです」。とシェフ

生菓子は味の組み合わせをあまり複雑にしないことで、見た目やネーミングからどんな味わいかが想像しやすいものに仕上げているそうです。

シェフが長年使い慣れた良質の小麦粉や生クリーム、バターを使い、レシピも良いものはほとんど変えずに、伝統を受け継ぎ作り続けています。

また最近では地元のフルーツやお茶を使った商品や、低糖質のロールケーキなど、ニーズに合わせてオリジナルの商品も開発しているそうです。

バレンタインデーにおすすめしたいスイーツ3選

季節ごとにバラエティ豊かなケーキを楽しめる「パティスリー ル シャトー」。

特に冬はチョコレートを使ったお菓子がおすすめです。

テリーヌショコラ  

スライス=300円(税込)、1本=3000円(税込)

少し室温に戻すとさらになめらかさが増します。「好みのタイミングでお召し上がりください」。とシェフ

小麦粉を一切使わず、ベルギー産のスイートチョコレートふんだんに使い、良質の生クリームと卵などでまとめています。

なめらかな食感で、口の中で優しく溶けていく瞬間が堪りません。

チョコレートの風味を邪魔しないように、バターの代わりに太白ごま油を使用するなどの工夫もされているそう。

自分へのご褒美チョコにも選びたい一品。スライスしたものを1枚から購入できるので気軽に試せるのも嬉しいですね。

オランジェット 

5本入り=200円(税込)90g入りギフトボックス=1200円(税込) 

フランス産のオレンジピールに、ベルギー産スイートチョコレートをまとわせたオランジェットは、時代に左右されない定番の人気商品です。

香り豊かでほろ苦いオレンジの風味と、シンプルなショコラとの相性が抜群。

ギフトボックスでの販売もあるので、バレンタインギフトにおすすめです。

オペラ 

550円(税込)

お家で大切な人とバレンタインデーの日を過ごすなら、ティータイムやアフターディナーにチョコレートを使った生菓子を楽しむのもおすすめです。

フランス菓子の代表格でもあるオペラは、薄く焼き上げたアーモンド生地とコーヒー味のバタークリーム、ガナッシュを10層も重ねる手間隙かかったケーキです。

美味しいコーヒーや紅茶と一緒にじっくり味わいたいですね。

※イベント時以外のホールケーキは事前の予約が必要ですので、お電話などでお問い合わせください。

データ

施設名 パティスリー ル シャトー
住所東京都東大和市南街2-109-5 コーポM2 1F
TEL042-808-8242
営業時間11:00~19:00、日曜日は10:00~18:00
(商品がなくなり次第閉店)
定休日月曜日および不定休
公式サイトhttps://www.instagram.com/patisserie.le.chateau/

※最新の情報は公式ホームページをご確認ください。



こちらもおすすめです


カテゴリー