河辺温泉 梅の湯 | イマタマ
梅の湯

河辺温泉 梅の湯

2020/12/13

TEXT by イマタマ編集部

JR河辺駅から徒歩約1分の駅前ビルにあります

「奥多摩の登山帰りに汗を流したい」

「買い物ついでに温泉へ」

「駅近の温泉施設を探している」

「河辺温泉 梅の湯」(以下、梅の湯)は、こんな人にぴったりの温泉施設です。

JR河辺駅北口の目の前に建つ、河辺タウンビルの5階と6階に梅の湯はあります。

河辺タウンビルの5階は道の反対側に建つ東急ビルと通路でつながっているため、買い物ついでに気軽に利用できますよ。

河辺タウンビル
河辺タウンビルは駅から徒歩約1分です

梅の湯の温泉はアルカリ性単純温泉で、しっとりつるつるとしたお湯が特徴です。

入浴後は赤ちゃんの肌のようにすべすべになるため、「美肌の湯」とも言われています。

●河辺温泉 梅の湯の特徴

1.駅から徒歩約1分の好立地

2.しっとりつるつるの美肌の湯

3.清掃の行き届いた清潔感のある施設

露天風呂はビル6階、四季折々の風情を満喫

ではさっそく、梅の湯のお風呂を見ていきましょう!

お風呂は建物の6階にあり、浴室は6種類の内湯と、4種類の露天風呂が用意されています。なお、女湯と男湯の種類は同じです。

ちなみに、オープンは2007年ですが、浴室や脱衣所、ロビーなど、いつ来ても清掃の行き届いた清潔感のある雰囲気に驚かされますよ。

内湯の主浴槽
内湯の主浴槽。窓ガラスが大きく明るい空間です
エステ湯
3種類のジェット噴射で身体をマッサージしてくれるエステ湯
香り漂うアロマテラピーでリラックスできるアロマビューティーサウナ
高温サウナ
内湯には高温サウナも用意されます

続いて露天風呂を見てみましょう。

露天風呂は日本庭園風の造りで、ここがビルの6階とは思えないほど静か

開放的な空間でのんびりした時間を過ごせますよ。

岩風呂
自然石でできた大きな岩風呂
3層に分かれた井桁湯
3層に分かれた井桁湯
ひのき風呂
ひのきの香り漂うひのき湯は源泉掛け流しです
寝ころび湯
寝ころび湯は4人分のスペースがあります

食事もマッサージも楽しめます

お風呂で汗を流したら、お腹も満たしたいですよね。

食事処は、値ごろな金額で食事を楽しめる割烹処「梅寿庵」があり、20人が入れる部屋と10人が入れる2部屋のお座敷と、68席のテーブル席が用意されています。

梅寿庵
落ち着いた雰囲気の「梅寿庵」

メニューは御膳や麺類、丼物が中心。平日10時から14時には、ランチと温泉料金がセットになったお得なランチセットが用意されますよ。

ランチセット
ランチセットのイメージ。メニューは週替わりです

リラクゼーションも充実。ボディケアやフットケア、韓国式あかすり、まつげエクステ、よもぎ蒸し(女性限定)などの豊富なメニューが用意されています。

時間を忘れて至福の時を過ごしてみませんか。

癒し処「癒寛楽」
癒し処「癒寛楽」ではボディケアやフットケアの施術を受けられます
泉質アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
ph9.47
特徴つるつる、美肌の湯
効能泉質別適応症:筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスが溜まるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール欠症、軽い喘息、又は肺気腫、痔の痛み、ストレスによる諸症状(睡眠障害など)、病後回復期、疲労回復、健康増進
種類内湯:主浴槽、寝ころび湯、エステ湯、備長炭・水風呂
外湯:岩風呂、井桁湯、ひのき湯、寝ころび湯
アロマビューティーサウナ、高温サウナ
設備癒し処、休憩処、ごろ寝処、食事処

お風呂のデータ

  • 天然温泉天然温泉
  • 貸切温泉貸切温泉
  • かけ流しかけ流し
  • 岩盤浴岩盤浴
  • 露天風呂露天風呂
  • 寝湯寝湯
  • サウナサウナ
  • 炭酸風呂炭酸風呂

データ

施設名 河辺温泉 梅の湯
住所〒198-0036 東京都青梅市河辺町10-8-1 河辺タウンビルB 5階、6階
TEL0428-20-1026
営業時間10:00~23:30(最終受付23:00)
定休日第3水曜日
料金●基本料金
大人(一般) 880円
大人(会員) 770円
子ども 440円

●ナイト料金(21時より)
大人(一般) 580円
大人(会員) 470円
子ども 220円

●特定日料金(年末・年始、GW、お盆、シルバーウィーク)
大人(一般) 990円
大人(会員) 880円
子ども 550円
公式サイトhttp://kabeonsen-umenoyu.com/
アクセスJR河辺駅より徒歩約1分

※最新の情報は公式ホームページをご確認ください。

こちらもおすすめです
カテゴリー