癒しと季節を楽しむ、東京西エリア 青梅線・五日市線の旅

  • 中央線イラスト

東京アドベンチャーライン1周年記念秋のお楽しみ大特集!!

体験型観光にトライ!

体験型観光にトライ!
2019/09/21

豊かな自然が息づく青梅線・五日市線沿線 ここでしかできない面白体験してみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
武蔵五日市 Musashi-Itukaichi

「ひので和紙」でアート体験

紙

紙すきで作ったブックカバー(左)と一閑張りのスマホケース(右)

コウゾの皮をむいた後、叩いて細かい繊維にします

コウゾを叩いて原料作り タオルで紙すき体験も

 日本和紙造形研究所を主宰する國高ひできさんは自然豊かな日の出町大久野に工房を構え、新しい紙すきを考案。「ひので和紙」と名付けて体験ワークショップを開き、紙すきの楽しさを広めています。

  • 水とねり剤を混ぜた繊維を流し込んで、和紙をすきます

  • 和紙アートには染色したコウゾの繊維を使用します

タオルですいた和紙を使って作る「LEDミニ和紙キャンドル」

 ワークショップ(1〜2時間)は6コース。「和紙アート」大人2,500円(税込)、子供1,500円(税込)は、紙すきで絵を描く新しいアートです。「和紙あかり作り」3,800円(税込)は、タオルですいた和紙でミニキャンドルを作ります。他に「Myブックカバー作り」や「一閑張(いっかんば)り体験」も。オプションで、和紙の原料を作る「コウゾ原料作り体験」2,500円(税込)もあります。

「和紙アート」は紐で縁取りした中に染色したコウゾの繊維を流して絵を描いていきます

  • 紙すきで作ったブックカバー

  • 一閑張りのスマホケース

豊かな自然に囲まれた絶好の環境で、和紙のワークショップが体験できます

「ひので和紙」代表 國高 ひできさん
「豊かな自然の中で、コウゾの原料作りから体験して、新しい紙すきをお楽しみください」

ひので和紙

JR武蔵五日市駅からタクシーで約8分。無料送迎あり。(送迎は体験ワークショップ参加者7名様まで)
10:00〜16:00 火曜定休

体験ワークショップの申し込みはhttps://hinodewashi.tokyoまで

青梅 Ome

おうめファーマーズ体験

農

収穫できる食材は季節ごと。天候や時期によって異なります

有機農業に取り組む「ヤナガワファーム」の柳川貴嗣さん(左)と「東京繁昌農園」の繁昌知洋さん(右)

サイクリングで農園散歩 とれたて野菜の食体験も

 青梅は「東京三大農地」の一つ。有機農業を志した若い人たちが青梅の自然を生かし、環境に配慮しながら、化学肥料や農薬に頼らない野菜作りに励んでいます。

 そんな青梅の農業を知ってもらおうと、「おうめファーマーズ体験」(at ome主催)が今秋、スタート。レンタサイクルで「ヤナガワファーム」や「東京繁昌農園」などの農園を回り、野菜の収穫を体験します。参加費はレンタサイクル料込みで1人8,640円(税込)。ニンジン、キャベツ、ブロッコリーなどが収穫でき、お土産として持ち帰れます。希望すれば、とれたて野菜を調理して食べる体験(別料金)もできます。

at ome 本橋 あいさん
「青梅でしかできない体験イベントに参加して、とれたて野菜のおいしさを味わってください」

おうめファーマーズ体験

JR青梅駅に朝9時集合 レンタサイクルで「ヤナガワファーム」や「東京繁昌農園」などの農園を回り、野菜の収穫を体験。12時頃、青梅駅近くで解散。その後、希望者は食体験(オプション)。

申し込みは2〜10人のグループで、希望日の5日前までにメールにて受付。at.ome.tokyo@gmail.com

沢井 Sawai

澤乃井蔵開き

酒

蔵開き当日、近隣のBBQ施設「煉瓦堂朱とんぼ」では屋台などが並び、様々な催しも行われます

新酒が堪能できる、年に1度の蔵開き

 御岳渓谷沿いで銘酒「澤乃井」を製造する酒蔵・小澤酒造。毎年秋、年に一度の新酒まつりが開催され、多くのファンで賑わいます。

 会場で特製お猪口付き満喫チケット1,000円(税込)を買えば、酒蔵内で澤乃井特選酒のきき酒が楽しめます。

 酒蔵前のステージでは樽の菰巻き実演や御岳神明連お囃子などが披露され、普段の酒蔵見学では見ることができない蔵の奥を案内してくれる「隠し酒ツアー」(事前申し込み※リンク:http://www.sawanoi-sake.com/kuramoto/21868.html)も行われます。

  • 毎年、お囃子など様々なイベントが会場を盛り上げます

  • 蔵内各所にある、きき酒ポイント

澤乃井 蔵開き2019 10月26日(土)

JR沢井駅から徒歩約5分
開催時間:9:00〜15:30
会場:小澤酒造周辺
酒蔵内きき酒コーナーの他、新酒・限定酒販売、ライブステージ、お土産広場、ワークショップなども

小澤酒造 ☎0428-78-8215
http://www.sawanoi-sake.com/kuramoto/21853.html

青梅 Ome

ホットマン 本社・工場感謝祭

タオル

手頃な価格で購入できるご愛顧感謝セールも

感謝祭では地元の物産展なども行われます

オリジナルハンカチを作る 染色・プリント体験

 1秒タオルで有名なタオルメーカー「ホットマン」の本社と工場を会場にし行われる、秋の感謝祭。同社の高品質なタオルを手頃な価格で購入できるセールを楽しみに、毎年多くのファンが訪れます。

 感謝祭では、ホットマンのものづくりを見られる工場見学や、ハンカチ染色やプリントをしてオリジナルハンカチを作る体験もでき、大人から子どもまで楽しめる1日です。

ホットマン 本社・工場感謝 10月19日(土)・20日(日)

JR青梅駅から徒歩約25分
感謝祭期間中は無料送迎バス運行(7:15〜16:30 約15分毎)
開催時間:8:00〜17:00
体験時間:9:00〜12:00〜/13:00〜16:00(所要時間約1時間)※材料費1枚150円(税込)(1人3枚まで)
会場:ホットマン本社・工場

☎0120-29-6900(ホットマン)
https://hotman.co.jp/

このページの情報は特に記載のない限り2019年9月現在のものです。●料金、営業時間、定休日などは変更になる場合がありますので事前にご確認ください。●交通機関・徒歩などの所要時間は目安です。●掲載の写真・マップ・イラスト等はすべてイメージです。●イベントは内容・期間などが変更される場合がありますので事前にご確認ください。●紅葉の見頃は気象状況に左右されますので、お楽しみいただけない場合もございます。●掲載されている価格は2019年9月末までの価格です。消費税率改正に伴い2019年10月1日より変更となる場合がございます。

Recommended おすすめ記事