青梅・五日市線の旅

TOP > \青梅・羽村・福生・立川/ 花めぐり
2017 SPRING

\青梅・羽村・福生・立川/花めぐり

自然豊かな青梅・五日市線エリアは、春になれば季節の花々が咲き誇り、楽しいイベントも各所で開催。多くの観光客で賑わいます。五感が喜ぶ、都内きってのお花見スポットへ、ぜひ足をお運びください。

  • 春の花々が都内随一の広大な公園を彩る フラワーフェスティバル 2017 平成29年3月25日(土)~5月28日(日)
  • サクラ

  • サクラと
    ナノハナ

  • チューリップ

  • チューリップ

  • シャーレー
    ポピー

立川 Tachikawa 西立川 Nishi-Tachikawa

春の花々の開花リレーが、スタート

 国営昭和記念公園は、昭和天皇御在位五十年記念事業の一環として、国が設置した国営公園。180ヘクタールに及び、現在約95%の169.4ヘクタールが一般に開園されています。その規模や豊かな自然環境は、国内はもちろん、国際的に見ても有数の大規模な公園となるものと期待を集めています。

 そんな国営昭和記念公園では3月~5月、サクラ、ナノハナ、チューリップ、シャーレーポピーなどの、春の花々の開花リレーが始まります。それぞれの花の開催時期に合わせ、園内各エリアで大人から子どもまで楽しめる、イベントが開催されます。

国営昭和記念公園 花MAP

植物名 品種名 数量 場所 開花期(予想)
3月 4月 5月
下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
サクラ 31品種 1,500本 桜の園ほか        
原種系チューリップ - 1万球 子どもの森            
ナノハナ 1品種 20万株 原っぱ東花畑        
チューリップ 230品種 23万球 渓流広場下流            
ムスカリ 1品種 14万球 渓流広場下流            
ミックスフラワー 4品種※1 30万本 原っぱ西花畑          
シャーレーポピー 1品種 180万本 花の丘            

※1:カリフォルニアポピー、リナリア、カスミソウ、ヤグルマギク

Scroll

国営昭和記念公園

●入園料:大人410円 小人80円 シルバー210円

住所:JR西立川駅から徒歩約2分 JR立川駅から徒歩約10分 ☎042-528-1751(国営昭和記念公園管理センター)

※無料入園日:4月29日(土・祝)・5月5日(金・祝)・5月21日(日)

牛浜 Ushihama 羽村 Hamura

多摩川を彩る700本の桜並木2市をまたぐ
都内きっての桜の名所

 福生市から羽村市にかけて続く多摩川沿いの土手や、玉川上水沿いに、およそ700本の桜が咲き誇ります。

 桜の開花シーズンに合わせ、両市では模擬店が出店し盛大なまつりを開催。地元の和太鼓やお囃子も披露され、人力車やパレード、大道芸などがまつりを盛り上げます。

羽村市では期間中、八雲神社春季例大祭も催され、4月9日の本大祭では、市内を練り歩いた神輿が勇ましく担がれたまま多摩川に入っていく「神輿の川入れ」も行われます。

第34回ふっさ桜まつり

3月25日(土)~4月2日(日)

場所:多摩川堤防沿い(永田橋~睦橋)
メイン会場: 「明神下公園」 JR牛浜駅西口から徒歩約20分

ふっさ桜まつり実行委員会事務局 ☎042-551-1740

はむら花と水のまつり2017(前期:さくら)

3月24日(金)~4月9日(日)

場所:羽村堰周辺 JR羽村駅西口から徒歩約20分

羽村市観光協会 ☎042-555-9667

羽村 Hamura

田園風景を埋め尽くす色鮮やかな花の絨毯
関東最大級 圧巻の40万本のチューリップ畑

 市内唯一の水田「根がらみ水田」に毎年春、60種、40万本のチューリップが色とりどりに咲き誇り、一面を埋め尽くします。

 イベント期間中、設置された地上3mの展望台に登れば赤、白、黄色…様々な色に彩られた春の絶景が広がります。観光土産品の販売、模擬店も出店します。

 市内の空きスペースに花を植える「花いっぱい運動」からチューリップ栽培は始まりました。根がらみ水田の稲刈りから田植えが始まる間の休耕期となる11月から5月、地元農家さんの協力を得て、市民に配布するためのチューリップ球根の収穫を目的に栽培が行われたのが始まりでした。

 有名な栽培地へ視察に行き、技術を学んできた地元の人々。長年の努力により今では、毎年春になると色とりどりの花々が町のいたるところに咲き誇り、「はむら花と水のまつり」に向かう道中も、訪れた人々を楽しませてくれます。

はむら花と水のまつり2017(後期:チューリップ)

4月5日(水)~4月23日(日)

場所:根がらみ前水田 JR羽村駅西口から徒歩約20分

羽村市観光協会 ☎042-555-9667

河辺 Kabe

境内を埋め尽くす20,000本のツツジ
1300年余の歴史を刻む古刹を彩る

 塩船観音寺の2万本のツツジは、すり鉢状に境内を囲んで咲き誇り、満開となればため息がこぼれる絶景が広がります。

 5月3日には柴燈護摩供火渡り荒行修行も。アジサイ、ハギ、コスモスなど四季折々の花が咲く「花の寺」として、愛され続けています。

 周辺には青梅市の霞丘陵自然公園がなだらかに広がり、周辺には史跡が多く点在。中でも塩船観音寺は大化年間(645~650)に若狭の国の八百比丘尼が、紫金の観音像を安置したことが始まりとされています。周囲が丘に囲まれ、「小船のような形状」であることから、「塩船」と名づけたと伝わります。

 茅葺き屋根が美しい国指定重要文化財の塩船観音寺本堂(観音堂)は室町時代の建物で、安置されている、「本尊十一面千手観音像」も見ごたえのある仏像。同じく堂内に安置されている鎌倉時代作の「二十八部衆」は、京都の三十三間堂に次ぐ立派なものと言われ、見学することもできます。どちらも都指定有形文化財。

つつじ祭り

4月中旬~5月上旬 つつじまつり入山料 大人300円、小人100円

場所:JR河辺駅北口から徒歩約35分/河辺駅北口から小作駅東口行き、または裏宿町行きバス「塩船観音入口」下車 徒歩約10分

青梅市観光協会 ☎0428-24-2481

東青梅 Higashi-Ōme

里山に咲く紫、青、ピンクと、
可憐な花々10万本のハナショウブが咲き誇る

 青梅市の丘陵の一角にある「吹上しょうぶ公園」。貴重な谷戸地(やとち)を保全するため作られました。市内の勝沼城跡の歴史環境保全地域に囲まれた谷戸と、その周辺の環境資源を生かし、ハナショウブを主体とした公園として整備されています。

 毎年、開花時期の5月末~6月中旬にかけて行われる「吹上花しょうぶまつり」の期間中、ハナショウブポット苗と切り花の販売や、ボランティアガイドさんが無料で、ハナショウブや他の動植物など分かりやすく解説して案内してくれます。

 近くには鉄道公園もあり、家族での散策も楽しめます。

吹上花しょうぶまつり

5月下旬頃~6月下旬頃  開園時間9:00~17:00(入園は16:45まで) 入園料1人200円(小学生以下無料)

場所:JR東青梅駅北口から徒歩約15分 JR河辺駅北口から塩船循環、または裏宿町行きバス「吹上しょうぶ公園」下車 徒歩約5分

青梅市観光協会 ☎0428-24-2481

花めぐりスポットMAP

駅からハイキング&ウォーキングイベント 予約不要
  • 青梅駅
  • 4月11日〈火〉〜6月25日〈日〉
  • ※毎週月曜日を除く

新緑の青梅の森と花めぐり

特別緑地保全地区に指定された、自然豊かな青梅の森。爽やかな新緑とやわらかな木漏れ陽の林を歩いた後は、4〜5月には色鮮やかなつつじ、6月には紫美しい花しょうぶやあじさい等、初夏の自然を満喫できるコースです。

昼食について

各自ご持参いただくかコース上の飲食店(有料)でお召し上がりいただけます。

  • ○起点駅/東京都・青梅線青梅駅
  • ○受付時間/9:30〜11:30
  • ○歩行距離/約9km
  • ○受付場所/青梅観光案内所(改札出て右側)
  • ○所要時間/約3時間45分(施設での見学時間含む)
  • ○イベントゴール時間/安全にご参加いただくため16:30までにゴールしてください。
ご注意
  • ※スタート駅とゴール駅が異なります。
  • ※青梅鉄道公園の入園には別途費用がかかります。
  • ※塩船観音寺は4月中旬〜5月上旬、また吹上しょうぶ公園は5月下旬から6月下旬まで入場には別途費用がかかります(開花によって有料期間が変わる場合がございます)。

記事一覧